こんにちは、Mike (@flystayeat)です。

今日は先日、羽田からニューヨークまでファーストクラスで飛んだ時の様子を載せていきます。


予約方法

まず今回の予約をどうやってとったかについて説明していきます。

日本からアメリカまでANAの航空機に特典航空券で乗る場合、スターアライアンス等、複数の航空会社のマイレージプログラムからANAの航空券が予約できます。

しかし昨今、様々なプログラムがアワードチャート(特典航空券発行にかかるマイル数のリスト)を改悪、要は特典航空券の発行にかかるマイル数を値上げし、例えば今まで片道6万マイルでANAのファーストクラスに乗れていたのが片道11万5千マイルかかるようになったプログラムなんかもあります。

この動きはスターアライアンスだけではなくここ数年、全世界の航空会社の多くに見られる傾向で、特にプレミアムキャビン(ファースト、ビジネス等)の特典航空券にかかるマイル数の値上げが顕著です。

ここ2、3年の間に大まかな航空会社のプログラムは一通り値上げをしているので、あと数年は大規模且つ大幅な値上げはないとは思いますが、どちらにしてもマイルはearn and burn(アーン・アンド・バーン、手に入れたらすぐ使う)が鉄則です。

そんな中、まだANAのファーストクラスに日本からアメリカ東海岸まで片道6万マイルを維持しているプログラムが「ヴァージン・アトランティック フライング・クラブ」です。(西海岸までは片道5万5千マイル)

気づいたかもしれませんが、ヴァージンはANAが加盟しているスターアライアンスのメンバーではないですが、ANAが個別にパートナーとして提携している航空会社です。航空会社によって、アライアンスとは別のパートナーがいたりすることが結構あるので、こういった独自のパートナーを有効に使うと面白いルートで飛んだり、今回のように安く航空券を発券できたりします。

このフライング・クラブでANAの特典航空券を発券する場合、インターネットから予約はできない為、フライング・クラブに電話をしてオペレーターと話さないといけないのと、これはANAが設けている制限ですが、必ず往復で航空券を取らなくてはいけない等いくつか面倒な部分はありますが、まだ片道6万マイルで日本とアメリカ東海岸をファーストクラスで飛べる唯一のプログラムなので最近よく利用しています。

この特典航空券の発券にあたっては、アメックスから4万ポイント、チェイスと言うアメリカの銀行から7万ポイントとシティバンクから1万ポイント合計12万マイルをフライング・クラブのアカウントに移して発券しました。

空席の検索はスターアライアンスの場合、ユナイテッドのウェブページを使うのが楽です。ただ、これもいろいろポイントやコツ、気をつけなければいけない部分があるので別に記事にしたいと思います。



搭乗まで

さて、ここからが本編。

この日は羽田に着いて、チェックインをしてから早速、羽田空港でお気に入りのうどん屋さんはココッ。でも紹介した「つるとんたん 羽田空港店」で腹ごしらえをして、セキュリティチェックに向かいました。

今日は109番ゲートということでセキュリティチェックと出国審査を終えてから右へ。

少しだけ時間があったので109番と110番ゲートの間にある、ANAを含むスターアライアンス便のファーストクラス搭乗者とANAダイアモンドサービス会員が入れるANAのスイートラウンジに寄ることに。

残念ながら長居しなかったのでラウンジの写真もないし、食べ物も食べていないので食べ物についてもコメントできません。

ラウンジの空間は3区画に分かれていて、漫画喫茶の個室みたいになっているエリア、普通のラウンジの様にラウンジチェアがたくさん置いてあるエリア、そして飲食エリアがあります。

漫画喫茶のようになっているエリアはエプロンの前なので飛行機が見えるのとマッサージチェアが置いてある個室もあります。それ以外は普通のANAのラウンジと大差ないように感じます。お酒の種類や食べ物のメニューに少し差があるかもしれないですが。

もう少しANAスイートラウンジについて知りたい方ははビジネストラベラーが載せている記事を見てみて下さい。

そうこうしているうちに搭乗時間が迫ってきたので109番ゲートまで向かいます。



いよいよ搭乗

でも搭乗の前に搭乗便についての情報を少し

  • 便名 NH110
  • ゲート 109
  • 機体種別 B777-300ER/B77W
  • 機体番号 JA785A
  • 予定出発時刻 10:20
  • 実際の出発時刻 10:50
  • 予定到着時刻 10:15
  • 実際の到着時刻 10:19
  • 座席 2A (2列目左舷窓側)

今回は、前日にNH109として飛んできてまたJFKまでとんぼ帰りのJA785Aさんにお世話になります。どうもお疲れ様です。

JA785Aさん

搭乗はまず、手伝いを必要とする乗客と小さな子供連れの乗客の優先搭乗があってからファーストクラス、ビジネスクラス、エコノミークラスと続きます。

笑顔のグラウンドスタッフの方に搭乗券(ボーディングパス)をスキャンされてからファーストクラスの表示のあるボーディングブリッジ(搭乗橋)を進みます。

ここでうっすら漂うジェット燃料の香りを嗅ぎながら、これからの旅、そして現地で待ち受ける冒険に想いを馳せます、普段なら。

でも今回は旅の終わりで家に帰るだけなので「戻ったらあれをしなきゃいけないな」、「あそこに行きゃなきゃいないな」なんて面倒なことばかりが頭を過ぎります。

そんなうちにL1ドア(port side / 左舷の一つ目の扉)まで着いてこのフライトでお世話になるフライトアテンダントの方々に出迎えられます。

FAの方に座席を伝えてから自分の席に着くと、キャリーオン(手荷物)を頭上の荷物棚に、ブリーフケースを座席前方のオットマンの下に収めて着席。

少しして席に落ち着いた頃にFAの方が挨拶ついでにウェルカムドリンク持ってきてくれます。この時、大体シャンパン、水、オレンジジュースのオプションがありますが、トレーにないものをお願いしても大丈夫です、他の乗客にウェルカムドリンクを提供してからギャレーから持ってきてくれます。

今回の座席

斜め前の席のクローゼット

モニターのコントローラーとシートコントローラー

サイドテーブルと窓

2Aから右方向

ここで豆知識
航空会社によっては酒税をケチって地上では安いシャンパンを出すことがあります。例えばエミレーツなんかは地上ではモエ・エ・シャンドンが、飛行中はドンペリが出てきます。

程なくして、フライトデッキ(コックピット)からの挨拶、パーサーの挨拶、そして非常用設備の説明ビデオが流れてから
プッシュバック、タクシー、テイクオフという順にスムーズに進んでいきました。

B777-300ER JA789A BB8特別塗装

スカイツリーを見ながらのタクシー

離陸直後、眼下にスカイツリー



座席

ANAの全ての777-300ERにはファーストクラスが、1-2-1配列で2列、合計8席あります。
左舷からA、D、G、Kの4席で1列、AとKが窓側になります。

座席1

座席2

ANAが「ファーストスクウェア」と呼ぶこの座席は肘置き以外は紺の布製で、見た目や高級感は別としてJALの革製の座席と比べると熱がこもり難いので個人的に好きです。

この座席は確か2010年ぐらいから徐々に導入された座席なので8年、9年分の疲れは多少感じられますがちゃんとメンテナンスが行き届いている座り心地のいいシートです。

ベッドに関してはJALの方がエアウィーヴ DUAL MODEを使っているので通気性があって寝心地はいいかもしれません。ANAが提供している東京西川の「AiR」も決して寝心地が悪いと言うわけではありませんが。ここは個人差ですね。

シートの使い方が書いてあるガイドはこんな感じです。

シートガイド1

シートガイド2

シートガイド3

シートガイド4

シートコントローラーは一度操作すると長い間画面のバックライトが消えなくて鬱陶しいのでモニターのコントローラーのように引っ張り出してサイドテーブルに伏せて置くと目障りじゃなくなります。

個人的にあまり使うことはないですがジャケットを掛けられるスペースもあります。

オットマン下の引き出し

この引き出しは乗る度に何の為にあるのかと思います。スペースが余分にあったから付けたのかもしれませんが、薄いからあんまり入れられる物がないし、席を倒したら開けられないので搭乗してからベッドにするまでしか使えない不便な物入れ。財布とかパスポートを入れたら寝ている間は絶対に盗られないですね。

余談ですが、機内での窃盗は頻繁にあるので(ANAでの頻度はわかりません)寝ている間も大事なものはちゃんと持っているようにしてください。

CNN 飛行機旅行は盗難の危険がいっぱい? 機内でも荷物に注意を

BBC 機内で手荷物から26万ドル盗まれたと 香港行きフライトで



Wifiについて

ANAの777-300ERではANA WiFi Serviceが使えますが、これの問題点はかなり速度が遅いこと。

777-300ERと767-300ERはSITAOnAirという会社が提供してるLバンドのサービスを使っていますが、これの最高速度は864kbit/sとメールを読むにも一苦労なスピードなのでほとんど使い物になりません。

ちなみに787やA320neoはパナソニックのKuバンドを使うサービスでもっとスピードが出ます。
JALもT-mobile・ドイツテレコムが提供しているKuバンドのサービスなので軽い動画を見られるぐらいのスピードは出ます。

面白いのがJALはずっとファーストクラスの乗客に対してWifiが無料になるクーポンを配っていましたが、ANAはそれをしてきませんでした。でも今年の6月になってやっとANAもファーストクラスでWifiが100mbまで無料になるクーポンを配布するようになりました。(JALの無料クーポンには通信量の制限はありません)

無料Wifiクーポン1

無料Wifiクーポン2

通信量の制限があっても100mbを全て使う前に速度の遅さにイライラして途中でやめちゃうと思うので通信量の制限はさほど問題にならないかもしれませんが、それでもこの制限は正直ケチくさいなと思います。もともとあんまり使い物にならないんだから通信量の制限なんか設けなければいいのに。

ANAが機内Wifiを導入した頃はまだ他に導入している航空会社も少なく、先進的なサービスを提供しようと導入に踏み切ったのかもしれませんが、高いお金を払って使い物にならない、寧ろ客に不満を覚えさせる面倒な物を買わされてしまった感じがします。

そこはANAも良かれと思って導入したものなのでANAも可哀想なのですがもう少し上手い運用の仕方がないものかと乗る度に思います。

過去にも、そして今回も実際に使ってみましたが、案の定スピードは遅いし、接続が途切れるし、確実にメールやメッセージが送れているか心配になるのでそれなら現地に着いてからちゃんとやろうと途中で諦めました。

この点だけを見れば777Xの就航が待ち遠しいです。



昼食

巡航高度(cruising altitude)に達して、シートベルト着用サインが消灯するとジャンプシートに座っていたFAさん達は一斉に立ち上がり、客席から見えないようにカーテンを閉め、各々の仕事に取り掛かります。

事前に配られたメニューに目を通していると、和食と洋食どちらも美味しそうだったのでかなり迷いましたが和食をお願いしました。日本からのケータリングなので不味いものは出てこないですが洋食よりも少しの間食べられなくなる日本の味を選びました。

反対にアメリカ発便の場合はアメリカのケータリングであることも考えて多分洋食を選んでいたと思います。

メニューはこんな感じ。

メニュー1

メニュー2

メニュー3

メニュー4

メニュー5

メニュー6

メニュー7

メニュー8

メニュー9

メニュー10

メニュー11

メニュー12

メニュー13

メニュー14

メニュー15

メニュー16

メニュー17

メニュー18

メニュー19

メニュー20

メニュー21

メニュー22


アミューズ・ブッシュと一緒にKrugを、それ以降は勧めてもらった日本酒をお願いしました。

アミューズ・ブッシュの真ん中のゼリーで覆われた球はディル(イノンドとも言うそうです)が効いてて美味しかったのは覚えています。

続いて先附、前菜が運ばれてきます。
今回の搭乗は9月に入って少しした頃で松茸、栗、ぶどう、銀杏など秋を意識した前菜のコースでした。
 
中でも外国ではあまり見つけられない銀杏を食べられたのは嬉しかったです。蓮根も美味しかった。

荻真丈(おぎしんじょう)のお椀は美味しくて全て飲み干しました

お造りはイカよりも、マグロよりも気になったのがイカの前にある黒いシート。確か海苔のような昆布のような味がしたと思うんですが、FAの方に聞くのを忘れました。次回聞いてみようと思います。

そしていよいよメインの佐賀牛と松茸のすき焼きです。
一緒に甘鯛翁蒸し(あまだいおきなむし)と胡桃豆腐(くるみ豆腐)も登場します。


ちゃんとした銀座のすき焼き屋なんかで食べる機会がかなり前に一度か二度ぐらいしかないので比較が難しいですが、味がしっかりしていて、甘辛くてとても美味しかったです。

飛行機の中でご飯を美味しく炊くのは至難の技ですが、ご飯も美味しくてすき焼きによく合う。お腹がいっぱいじゃなかったらすき焼きのお代わりを頼んでいたかもしれないです。(余っていれば出してくれると思います。)

メインが終わってあとはデザートだったのですが、チーズを食べたかったのでチーズプレートをお願いしました。同時に、食べ終わったらベッドをセットするかと聞かれたのでちょうど空いている2Dの席にベッドをセットしてもらうことに。

ただ不覚にも睡魔に襲われ、そのまま数時間寝てしまったためチーズはお預け。

気がついて起きたらせっかく作ってもらったベッドが勿体無いので移動して、もう数時間睡眠をとりました。

ここで豆知識
ビジネスクラスでお願いすることはないのでわかりませんが、ファーストでは隣や前後の席が空いている場合、お願いすれば空いている席にベッドをセットしてくれます。これはキャセイでもJALでもANAでもルフトハンザでも断られたことはないので何か特別な理由がない限りやってくれるはずです。

暗いし眠かったので残念ながらベッドの写真は撮ってません。



朝食

ベッドから起きると、FAの方が気づいて大抵すぐにおしぼりを持ってきてくれます。

そこで飲み物や朝食はどうかと聞かれるので、寝る前に食べ損ねたチーズプレートとコーンスープ、そして気になっていた銀座「ESqUISSE」のラビオリをお願いしました。

尚、大抵の航空会社は朝食のメニューが別にありますが、ANAはメニューの「お好きな時に」の部分から好きなものを選んで食べます。この点に関しては、JALも似たようなやり方だったはずです。

昼食に出てきた和食か洋食のフルコースの物も余りと時間に余裕があれば作ってくれるのかもしれない。FAの方からしたら面倒なんだろうと思いますが。

チーズプレート

パン・ジャム等

コーンスープ

ラビオリ

味はチーズプレートもコーンスープも美味しかったですが、ラビオリはそこまで美味しくなかったです。ちょっと酸っぱくて普通のラビオリのイメージと違ったからかもしれませんが、また食べたいなと言うような味ではなかったです。

トロント・デトロイト辺り

朝食を食べて少し仕事をしたところで降下が始まり、午前10時19分にニューヨークJFK国際空港に着陸しました。

着陸直前

ゲートに到着し、FAの方々に挨拶をされながら降機すると、月曜までに終わらせないといけない仕事が溜まっていたので急いで家に帰って今回の日本への旅が終わりました。



まとめ

今回はディーテールと写真を多めに9月に羽田からニューヨークまでANAのファーストクラスで飛んだ時の様子を紹介しました。

来年就航するANAのA380はデザインが一新されたファーストクラスが導入されて、2021年にも777Xが就航します。(シートはA380と同じかどうかまだわかりません)

そう遠くない未来に777-300ERが徐々に退役していってこの座席がANAのフリート(使用機材)からなくなるかもしれません。この座席に乗ってみたい方は是非今のうちに。